保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部を改正する省令(令和2年文部科学省・厚生労働省令第3号)が公布され、新しいカリキュラムによる看護教育が令和4年度入学生から適用されます。これに伴い、教育課程の変更の準備を進めています。カリキュラムの改正に伴い、本校の教育理念・教育目標等の見直しを行っています。

少子高齢化が一層進み、療養の場の多様化や地域包括ケアシステムの推進から、看護職が中心となり、多職種と連携して保健・医療・福祉を提供する能力が求められています。これまで、本校が掲げてきた教育理念・教育目標をもとに変化する社会及び地域の人々のニーズに対応できる看護職を引き続き育成していきます。新しいカリキュラムの承認許可ののち、本校のカリキュラムを公表いたします。

以下の教育理念と教育目標は、令和3年度入学生までのものです。

本校は、生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性を形成するとともに看護者として、あらゆる健康レベルとライフステージに応じた安全な医療を提供するための幅広い知識と技術を兼ね備えた看護者を育成します。

さらに、看護を通じて、地域および人々の保健・医療・福祉の推進に貢献できる倫理観に基づいた判断力を有する看護の専門職者の育成を目指します。

教育目標

  1. 生命の尊厳と人々の多様な価値観を尊重し行動できる能力と豊かな人間性を育む。
  2. 看護に必要な知識と技術を習得し、一人ひとりの対象の状況に応じた科学的根拠に基づく適切な判断能力と問題解決能力を育む。
  3. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解できる能力を育む。
  4. 自己洞察と他者への思いやりの気持ちを持ち、対人関係能力を身につけ、人間関係を深めることができる。 さらに集団の中でも自分も他人も大切にできる人間性を養い、保健・医療・福祉チームの一員として、協働できる。
  5. 看護の機能と社会的役割を理解し、専門職業人として自覚を持ち、主体的・継続的に自己啓発できる能力を育てる。