平成29年度生から学生のユニフォームが新しくなりました。

「看護学生になる」それは、あこがれのユニフォームを着るということです。

新しい校名の「おだわら看護専門学校」にふさわしく、ユニフォームも一新しました。「あのユニフォーム、カッコいい!」と言ってもらえるように、プロジェクトを立ち上げ、デザイナーさんと打ち合わせを繰り返しながら作りました。

pic_uniform_01

新しいユニフォームは、スクラブタイプです。スクラブタイプのユニフォームは医療ドラマでお馴染みでしたが、最近では動きやすさから実際の病院などでも着用するケースが増えています。

病院等での実習や学内の演習など、長い時間をユニフォームで過ごすことの多い看護学生たち。「曲げる」「伸ばす」「広げる」「縮める」などかなりアクティブに動く場面が多いのです。肩や腕の動きがスムーズになり、テキパキと動くことができます。従来の白衣と比べ、襟元が詰まっていないので、ムレや暑苦しさからも解放されるスクラブの特徴から快適なユニフォームになること間違いなし!

その他、細部にわたってこだわり満載です。

このユニフォームを着て、「看護学の実践」を本校で学びませんか。

pic_uniform_02