7月27日(水)に、「痴漢被害防止教室」を小田原警察署―生活安全課の婦警さんから行っていただきました。当校は、ほとんどが女子学生であり、10代~20代と若く、痴漢被害を受けやすい世代です。ますます暑くなり、女子学生は薄着になる季節で、翌日から夏休みで気持ちも緩む時期に企画しました。どのような痴漢被害が多いのか、また被害を防止するための対策、そして、実際に被害にあった時の対応の仕方を教えていただきました。そのほか、盗撮行為や不法侵入などの実態からの防犯対策を具体的に教えていただきました。学生たちには、安全で楽しい夏休みを送ってほしいと願っています。将来の専門職業人として、普段の生活の中で被害に遭わないようにするためのリスク感性を伸ばす研修になりました。

痴漢被害防止教室 01
痴漢被害防止教室 02