本校の多くの学生たちが通学に自転車を使っています。

通学で自転車をしない学生たちもプライベートで自転車に乗ることもあるでしょう。 本校では小田原警察署交通課のご協力を頂き恒例の「自転車安全講習」を行っています。 自転車は簡単に乗れる車両だけに事故も軽視されがちですが、毎年深刻な事故が増加しています。

ルールを守らずに事故を起こせば自転車の運転者も責任を問われます。 危険から自分を守るためにも点検が大切で「ブタハシャベル」の語呂合わせで点検部分を教えて頂きました。

警察官も看護師も命を救う仕事は同じという言葉を頂き、看護との共通点を実感する時間でした。