小田原高等看護専門学校関連病院・実習病院奨学金制度

看護師になるための3年間の学校生活が実り多いものになるために各病院が奨学金制度を設け、 学習活動を支援しています。

日本学生支援機構奨学金

詳細は日本学生支援機構のホームページをご参照ください。
http://www.jasso.go.jp/

神奈川県看護師等修学資金

卒業後、神奈川県内で看護師として勤務する人のための奨学金です。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6323/p18074.html

その他 教育ローン

入学前にまとまったお金が用意できます。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/kyouiku_loan.html

奨学金Q&A

学校独自の奨学金制度は、ありますか?
現在、学校独自の奨学金制度はありません。
病院奨学生になりたいときはどうしたらよいですか?
病院の奨学生に応募するには、ご自身で各病院に直接お問い合わせください。
卒業後は奨学生になった病院に就職することになります。
奨学病院はどのように決めたらよいですか?
病院の見学、一日看護体験などで情報を収集し、3年後の就職することを前提に決めることをお奨めします。
入学後、年度の途中で奨学生になれる病院もあります。
臨地実習やインターンシップをしてから決めてもよいと思います。
病院奨学生になるメリットは何ですか?
3年次に就職活動しなくてもよいので、国家試験の勉強と病院などの実習に集中して取り組めます。
さらに病院によっては、安い賃料で入寮できるので生活費の負担も減らせます。
また、セキュリティの面でも遠方のご家族も安心だと思われます。
どれくらいの学生が奨学金を受けていますか?
年度により異なりますが、約75~85%の学生が奨学金を受けています。
学生生活はアルバイトとの両立は難しいので、学費の支えである奨学金があって安心したという学生の話も多く聞きます。
各病院には、本校の学生や就職した先輩看護師が多くいるので就職後も安心です。
留年・休学したら、どうなりますか?
日本学生支援機構も病院奨学金も3年間で卒業できないと決定した時点で奨学金は停止となります。
奨学金制度は本来意欲的に学業に専念できるようサポートする制度ですので、 学生の義務である単位を修得することが大切です。 貸与型の奨学金は、借金であるという自覚を持ち(卒業後に必ず返す)、学生の本分を怠らないよう努力が必要です。

 

入学試験前の奨学金貸与の申し込みは、入学試験の選考とは一切関係ありません。 入学試験の合格を確約するものではありません。